iPad をコンピューターとして使用する: シンプルで効果的なヒント!

iPadをコンピューターとして使用するには?

Guide pratique

ノートパソコンになるタブレット、iPad

創業以来、iPadりんごタブレットの使用に革命をもたらしました。最初は単純なエンターテイメント ガジェットと見なされていた iPad タブレットは、近年、一連の改良を経てきました。今日は本物として使用することができますコンピューター.これまではインターネットの閲覧や電子書籍の閲覧に限られていたが、機能によってはノートパソコンと同じ条件で使えるようになった。

iPadのさまざまなアップデートにより、ユーザーがより多くの機能を利用できるようにパフォーマンスが向上しました。一部のタッチ コントロールにより、ユーザーは iPad を簡単にナビゲートし、以前はマウスでしかできなかったことができるようになります。 iPad をラップトップとして使用できるようにする機能のリストを以下に示します。

  • 物理キーボード:物理キーボードは iPad の一般的な拡張機能です。物理キーボードを使用するとテキストの入力が容易になり、タブレットの機能が向上するためです。 Bluetooth または USB ケーブルを使用してキーボードを iPad に接続できます。
  • マルチタスキング:2 つのアプリケーションを同時に操作できるマルチタスクが iPad で利用できるようになりました。このマルチタスク機能を使用すると、プレゼンテーション中にメモを取ったり、インターネットをサーフィンしながらビデオを見たりすることができます。
  • ドラッグ アンド ドロップ機能:この機能を使用すると、あるアプリケーションから別のアプリケーションにファイルを移動したり、単にテキストをコピーして貼り付けたりできます。
  • 「分割ビュー」:この機能を使用すると、それぞれが画面の 50% を占める 2 つのアプリを同時に表示できます。そのため、他の作業をしながらビデオを見ることができます。
  • ファイル管理 :Apple は、iPad に組み込まれた「ファイル」アプリを提供するようになりました。これにより、ファイルの保存と管理が容易になります。
  • 手書きのエントリ:書き留めたり絵を描いたりする必要がある場合、iPad にはデジタル ペンがあります。メモを取ったり、写真を編集したりするのに特に適しています。

iPad は、市場で最も人気のある Apple デバイスの 1 つです。 Web ブラウジングからコンテンツ作成まで、さまざまな理由で多くの人が使用しています。ただし、キーボード、マウス、および外部スクリーンに接続することで、iPad をコンピューターとして使用することができます。これにより、より人間工学的に作業し、より多くの機能を利用できるようになります。

iPad をコンピュータとして使用するための最初のステップは、高品質の Bluetooth キーボードに投資することです。市場には多くのモデルがあり、iPad 専用に設計されたモデルもあります。簡単に操作できるように、互換性のあるマウスを入手することもお勧めします。

次に、より広いワークスペースを楽しむために、iPad を外部ディスプレイに接続することが重要です。これを行うには、HDMI アダプターまたは VGA ケーブルを使用して iPad をモニターに接続することができます。

キーボード、マウス、および外部ディスプレイを接続すると、iPad をラップトップとして使用できます。複数のアプリケーションを同時に開いて、あるウィンドウから別のウィンドウにドラッグすることができます。さらに、iPad には「マルチタスク」と呼ばれるアプリケーションがあり、Split View または Slide Over モードで同時に 2 つのアプリケーションを開くことができます。

最後に、リモート作業用に iPad を構成することが重要です。これには、Skype や Zoom などのコラボレーション ソフトウェアの使用や、iPad でのリモート アクセスの設定が含まれます。また、Microsoft Office や Google Docs などのオフィス アプリケーションを使用してドキュメントを作成および変更することもできます。

要約すると、iPad をコンピュータとして使用するには、Bluetooth キーボードとマウスを購入し、外部スクリーンに接続する必要があります。 iPad をリモート ワーク用に構成し、適切なアプリケーションを使用することも重要です。詳細については、この件に関する CNET France の記事を参照してください。http://www.cnetfrance.fr.

https://www.youtube.com/watch?v=YxGi0li7GII

iPadをラップトップとして使用するには?

## キーボードの接続

iPad をラップトップとして使用するには、まず物理キーボードを接続します。このために、Bluetooth キーボードまたは iPad 互換キーボードを購入できます。キーボードが接続されると、テキストを入力できる領域をタップするとすぐに仮想キーボードが表示されます。

## キーボード ショートカットの使用

iPad の操作を簡単にするために、たくさんのキーボード ショートカットがあります。これらのショートカットは時間を節約するだけでなく、特に物理的なコンピューターのキーボードに慣れている場合は、iPad での操作が簡単になります。たとえば、Safari を使用している場合は、「Command + N」を押して新しいブラウザ ウィンドウを開くか、「Command + T」を押して新しいタブを開くことができます。

## マルチタスクの使用

マルチタスクは、2 つのアプリを同時に操作するための非常に便利な機能です。マルチタスクを使用すると、一方を閉じて他方にアクセスすることなく、同時に 2 つのアプリを表示できます。これを行うには、画面の下部からアプリケーションをドラッグして、画面の半分に表示します。アプリが「預け入れ」されると、画面右側から別のアプリを開くことができます。 2 つのアプリが並んで表示されます。

## ファイルの保存と管理

iPad には、ファイル マネージャー アプリケーションが搭載されました。 「ファイル」アイコンの形で提供され、ファイルをフォルダーとして表示することで、デバイスのストレージ容量を制御できます。このアプリケーションを使用すると、外付けハード ドライブに保存されているファイルを管理することもできます。そのため、ファイルを iPad にダウンロードし、外付けハード ドライブを介して友人にコピーを送ることができます。

よくある質問

iPad にキーボードを接続するにはどうすればよいですか?

iPad の設定を開き、[Bluetooth] をクリックして、Bluetooth をオンにします。使用可能なデバイスのリストにキーボードが表示されます。キーボードを選択し、画面の指示に従って接続を完了します。

ドラッグ アンド ドロップ機能を有効にする方法を教えてください。

まず、2 つのアプリを同時に開く必要があります。次に、移動したいアイテムをクリックして、移動したい場所にドラッグする必要があります。次に、アイテムを離してドロップします。

iPad はラップトップを置き換えることができますか?

用途によっては、iPad はラップトップを置き換えることができます。ただし、専門家にとっては、ビデオ編集や写真編集など、リソースを集中的に使用する特定のタスクでは、ラップトップの方が優れたパフォーマンスを発揮します。

結論

つまり、iPad はラップトップと同じくらい強力なハイブリッド タブレットになりました。 Apple が提供する機能を有効にすることで、iPad は物理キーボード、新しいファイル アプリ、ドラッグ アンド ドロップ機能、カスタマイズ可能なマルチタスクなどの実用的な利点を提供します。今回ご紹介したさまざまなトリックを使って、あなたの iPad を新たな視点から見てみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です